弊社代表が顧問を務める助成金制度推進センターが企業価値認定を受賞

2017年下期 企業価値認定式

白石健吾(株式会社トレジャーエージェンシー 代表取締役)が顧問を務めております助成金制度推進センター(運営会社:日本ESP株式会社)がこの度、全国優良企業として、企業価値認定を授与されました。

この認定は、㈳企業価値協会(後援 中小企業庁・中小企業基盤整備機構)
が、「お客様や社会から強く必要とされる特徴的価値を有する企業」と判断されることにより付与されるものとなっております。

この受賞は、我々と共に助成金にお取り組み頂いている企業様や協力会社様のご支援あってのものでございます。
今後も、グループ一同さらに精進してまいりますので、何卒宜しくお願い致します。

助成金制度推進センター(運営会社:日本ESP株式会社)とは

白石健吾(株式会社トレジャーエージェンシー 代表取締役)が顧問を務めている企業である。

厚生労働省の所管する「助成金」は約3,000種類あり、中小企業の事業主が自身の会社で助成金が受給出来るかどうかの判断を下すのは極めて困難であるため、事前にどの助成金が受給出来るか無料で診断するFAXのサービスを実施。

難解な助成金のハードルを下げることにより、より多くの会社が助成金を受けやすくなる取り組みを行っている。また追加料金や労度に見合わない場合の打ち切り等は無く、非常に高い透明性のある料金体系のため高い評価を獲得できている。